Manchesterの生活環境について

今回はマンチェスターの生活環境について、こちらに来て半年過ごした感想を共有させていただきます。

 

マンチェスターという響き自体は、名門サッカーチームがあることから耳にすることも多いかと思いますが、実際にどのような街なのかをご存じの方は少ないのではないでしょうか。(私もキャンパスビジットをする前までは、まったく知りませんでした)街のイメージを簡単に表現するなら、ロンドンから電車で2時間程度の距離に位置していること、都市圏人口が英国3位であること等から、ロンドンが東京だとすれば、マンチェスターは大阪的な位置づけになるのではないかと感じています。街自体は市内中心部にコンパクトにまとまっている一方で、大型のショッピングセンターを含む商業エリアが充実していることから、日常生活をする分には車を持つ必要がなく、頑張ればトラムやバスといった公共交通機関を使わなくても生活できます。また、欧州最大級のチャイナタウンや、フットボールスタジアム、美術館や博物館等、適度な刺激もあり住むには非常に優秀な環境なのではないかと感じています。(フットボールファンでないと、観光するには物足りない気はしますが…)

また、LCCを含めた数多くの航空会社が就航しているマンチェスター空港までも、電車で20分弱とアクセスが良く、週末の短い休みを利用してヨーロッパ各国に気軽に旅行を楽しむことが出来るのもマンチェスターならではのメリットだと思います。

 

個人的には、キャンパス内にある学生寮に入っているのですが、生活のセットアップに関しては煩雑な手続きも少なく、また大きなトラブルもなく順調に行うことが出来ました。イギリスでのサービスの質自体は全般的に決して良くないですが、学生の街という要素が強いマンチェスターにはシステマチックに学生を受け入れる体制が整っており、また海外からの留学生や移民も多いため異文化を受け入れる土壌があることも非常に助かりました。一方で、夜遅くに図書館から帰ることもしばしばありますが、最低限気を付けてさえいれば、治安の面でも大きく不安を感じたことはありません。

 

以上が私の所感となります。その他の情報に関しては、Life in Manchesterの中にも記載がありますので、そちらも併せてご覧いただけると、よりイメージがつくかと思います。